座敷童と真実の旅最新の記事

英語でよい教材というものはなかなかない

英語でよい教材というものを探しているのですが

なかなかないなと思うところがあります。

そして良い教材であると思ってもそれは

結構高かったりするのです。英語はもはや

ビジネスマンとって有望なスキルというより

必要最低限のスキルに変わりつつあります。英語能力が

低いと出世できないというような世の中になりつつあるのです。

だからといって日本で英語を学ぶとなるとそのハードルは

かなり高いのが現実なんですよね。アジア諸国であれば

そもそも昔から欧米人がやってきていたり、観光客が

いたりして、英語を話さなければ商売ができない状況というのが

つくられていたことがあり、自然と英語が話せるようになっていた、

英語が勉強しやすい環境であったということがいえると

思います。

ただ、日本においては、ほぼ全てのものごとが日本語で

解決してしまう環境にあるため、日常的に英語を使う必要が

なく、本当に勉強しづらいところがあるのです。

勉強しづらいから勉強できる教材には価値があり高くなってしまう。

これはやむを得ないものとして受け入れて頑張ってみるしか

ないのかもしれません。

リスニングパワー

座敷童と真実の旅について


ア182-a5ア182-b5ア182-c5